Post Jobs

滋賀で出会いがあり花が満開になる

子供時代の言葉は、ゲンゲン、ゲンゲンバナ、五ta星、蓮の花、レンゲ、ゲンゲンダ滋賀で出会い

春には、田んぼに赤と紫の花が満開になります。多くの米が栽培されて肥料になります。
花が咲く場所が雲のようだったので、この場所は命名されました。
花の言葉は「あなたと一緒にいるなら、あなたの痛みは柔らかくなる」と「あなたの心は柔らかくなる」です。

花畑と花が咲く前の深い畑
(伊崎小里)滋賀で出会い
拾わないでください。
(滝野香水)
チョコレートと時々ハスの花

 

(菅京子)
赤ちゃんは音楽の蓮の花が大好き
(岩根まゆみ)
寝たい2つの翼
(津田K子)滋賀で出会い
すでに歯を抜いた少女
(飯田竜太)
下もえいじを選んで胸に投げます
(鈴木静子)
ゲンゲダークフィールドKur馬台
(品川すずこ)滋賀で出会い

古言葉で咲く、絵美咲、絵美。笑って笑う。

Renge no blossomは話しが好きで、人と話したい気分です。

白い空をクリアしてプレイ

白い頬(ほじろう/ほほじろう)
晩春
幼少期の言語は絵の眉毛/深山頬白

雀の目が旗布鳥。赤褐色で、スズメよりわずかに大きい。顔は黒かったが、頬は白だったので、名前が付けられた。古くから、美しい声が大切にされてきました。
泣き声は「一筆悟り」と「原平つつじ白つつじ」として聞こえると言われています。

頬の白い枝はすべてつぼみです
(中村志穂)滋賀で出会い
(安倍Mid女)
頬の白や手の鏡のような水たまり
(杉浦慶子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です